前へ
次へ

鳥インフルエンザの怖さを知る

インフルエンザの発症で騒がれるものに、鳥インフルエンザがあります。
この症状には人が感染することになる感染性がある上、新型である危険性もあり注意が必要になるからです。
カモなどの水鳥の腸に共生するものからカモが渡りをする途中で、ニワトリなどと接触しウィルスが伝わってしまい、更には豚と言った動物に感染してしまうことになります。
その後、いろいろなタイプのウィルスが遺伝子集合と言う形になり、人にも感染するウィルスとなってしまうことになります。
動物同士で感染していたものが、人にまで感染することになった時は、新型ウィルスになっていることもあり、対策が急がれることになります。
かなり以前では、遠くから飛来して来るカモなどの水鳥たちに餌をやることは、禁じられていませんでした。
しかし今ではこのエサやりも危険なことになり、エサをあげる楽しみもなくなってしまったと嘆く人もたくさん出て来ています。
渡り鳥たちが危険なウィルスを持っている限りは、避けるべきことなのでしょう。

Page Top