前へ
次へ

家族の一員がインフルエンザに感染したら

家族がある日突然、インフルエンザに感染しているのが見つかった場合に、どのような対応をすれば良いのでしょうか。
その対応の仕方は、年齢によって変化します。
例えばインフルエンザにかかった人が子供である場合とか、高齢者である場合とかいうことです。
まずはインフルエンザにかかったかどうか、その挙動を観察しておくことがとても大切です。
小さな子供たちの場合ですが、突然手足を突っ張ったり、膝をガクガクさせたりするような症状が見受けられる場合には要注意です。
いつもと違うような症状なので、このような場合にはすぐにかかりつけのお医者様に見てもらうのが一番正しい方法です。
それから小さな子どもに多いのが、呼吸の際に異音が発生することです。
ゼーゼーと苦しげな音を出したり、肩で呼吸をするようになったら、事は重大です。
インフルエンザはただの風邪とは違います。
命にかかわる大変な病気であるということを認識していることが、とても大切なことです。
家族の一員がウイルスに感染しているなと感じたら、すぐに、かかりつけのお医者様に診てもらいましょう。
それが一番です。

Page Top