前へ
次へ

インフルエンザ予防に効果が期待される乳酸菌

腸内に存在する善玉菌として乳酸菌があり、乳酸菌が減ってくると体調不調を起こすときもあります。
乳酸菌は体内でも作られますが、足りないと感じているなら積極的に摂取した方が良い時もあるでしょう。
乳酸菌を摂取しても胃酸によって死滅してしまうとの考えもありますが、死んだ状態の乳酸菌は腸に到達すると腸にいる乳酸菌のえさとなり乳酸菌を増やす効果があるようです。
生きたまま腸に行く乳酸菌でなくても腸内の乳酸菌を増やすことができます。
体内の乳酸菌が増えるといろいろいい効果がありますが、インフルエンザの予防にも効果があるとされているので積極的に摂取すると良いでしょう。
乳酸菌はインフルエンザワクチンを接種している人に対して、ワクチンの効果を増強する役割があるとされています。
事前にワクチンを接種しておく必要がありますが、さらに乳酸菌を含んだ食べ物などを積極的に摂取するようにして、できるだけ感染しないよう心がけると良いでしょう。

Page Top